ハート

ボディラインを整えるブライダルインナー|ドレスの着こなし術

衣装を用意する方法

花嫁

結婚式の後

結婚式は夫婦にとって一生に一度のセレモニーであり、二人が主役になる晴れの舞台です。誰にも真似できない結婚式を行いたい場合、ウェディングドレスはレンタルではなく購入してみましょう。特にオーダーメイドであれば世界に一つだけのウェディングドレスを手に入れることができるのです。ウェディングドレスを購入した際に気になるのが結婚式後の保管です。世間には夫婦が保有しているウェディングドレスを他の夫婦にレンタルできる業者が存在していますので、そのような場所に預けることによって効率的にウェディングドレスを活用してみましょう。またドレスが誰かにレンタルされた場合、夫婦の手元にマージンが残るのも魅力的です。オーダーメイドでドレスを用意した場合、一度で二度美味しいのです。

手元に残す価値

花嫁のために購入したウェディングドレスを結婚式後も活かしたい場合、仕立て直すと言う手もあります。ウェディングドレスは結婚式でしか着用しませんが、パーティードレスに仕立て直せば再度身につける機会が生まれるのです。また将来夫婦の間に子供が生まれる時に備えて子供用のドレスに仕立て直すのも良いでしょう。逆に購入したウェディングドレスをそのままの形で維持したい場合、保管サービスを探してみましょう。ウェディングドレスはシルクで作られていますから、傷まないように適切な場所に保管することが大切です。保管サービスに大切なウェディングドレスを預ければ長期に渡って品質を維持できるのです。このような形で挙式で使ったドレスを残しておけば、生涯に渡って大切な品として愛でることができます。